手の甲の紫外線蓄積

手の甲の紫外線蓄積でシミができる

 

手の甲は顔と同じように見た目の印象に残るところで、手の甲にシミやシワがあると、実年齢よりもかなり老けて見られてしまいます。

 

手の甲にシミやシワがあるだけで、実年齢よりも10歳は老けて見えるそうです。

 

 

そんな手の甲のシミやシワの原因になっているのが、紫外線の蓄積です。

 

手の甲に紫外線が蓄積することで、古い角質が手の甲に残ってしまいます。この古い角質には紫外線蓄積によるメラニン色素が沈着していて、そこがシミの原因となっています。

 

 

手の甲の紫外線の蓄積は、顔や腕とは違って常に日に当たっているので、紫外線が蓄積しやすくなってしまいます。

 

顔は日焼け止めクリームを塗ったり、日傘で紫外線が当たらないように気をつけますが、手の甲はそこまで普段から意識する人もいませんし、日に当たっている時間も長くなってしまうので、どうしても紫外線が蓄積しやすく、手の甲にはシミができやすくなってしまいます。

 

手の甲の紫外線蓄積を予防する

 

では手の甲に紫外線が蓄積しないようにするにはどうすればいいかですが、普段から紫外線対策に気をつけることしかありません。

 

夏の太陽がガンガンに照りつける時だと、日焼け止めを塗ったり日傘で対策する方も多くなりますが、紫外線は太陽が照りつける夏以外にもあるので、何も対策をしないと気づかないうちに紫外線が蓄積してしまいます。

 

特に紫外線の蓄積で注意が必要なのが、5月くらいから初夏にかけての季節で、この時期はまだ太陽が照りつけているわけではないので油断している方が多いですが、既に夏場と同じくらいの紫外線があります。

 

 

まず紫外線蓄積の予防として大事なのは、夏だけでなく年間を通して紫外線対策を意識しておくということです。

 

そして特に手の甲の場合は、外出しているだけでも日光が当たり紫外線が蓄積するので、こまめに日焼け止めクリームなどを塗って対策を心がけるようにしましょう。

 

冬の時期は手の乾燥予防でハンドクリームを塗る方も多くなってきますが、春から夏の季節は紫外線対策として、日焼け止めクリームを外出時には塗るようにしましょう。

 

手の甲にできてしまったシミを取る方法

 

いくら紫外線が蓄積しないように対策をしたとしても、年齢と共にどうしても手の甲にはシミができやすくなってしまいます。

 

手の甲のシミができるのは、メラニンが沈着した古い角質の蓄積が原因なので、古い角質が蓄積しないようにピーリングで除去することでも、シミを消すことができます。

 

手の甲のメラニンが沈着した古い角質は、毎日の手洗い程度ではそう簡単に落とすことはできませんが、専用のクリームを使ったピーリングで、完全とまではいきませんがシミを取ることができます。

 

 

ピーリングクリームやピーリングジェルは、ドラッグストアなどでも売っていますが、ピーリングクリームの中でも、手の甲のシミ専用のピーリングクリームを使った方が、シミを取る効果は期待できます。

 

手の甲と顔や腕では皮膚の厚さや肌の敏感さも違ってくるので、手の甲のシミを取りたいのであれば、手の甲のシミ専用のクリームの方がおすすめです。

 

 

ドラッグストアなどの店舗では、手の甲のシミ専用のクリームは販売していませんが、通販ではかなり人気のある手の甲のシミ専用のピーリングクリームがあります。

 

この手の甲のシミ専用のピーリングクリームは、ルミナピールという通販限定のクリームで、公式サイトでなぜ手の甲のシミに効果があるのかは説明されているので、詳しくはこちらの公式サイトで確認してみてください。